ホーム » ブラックジャック

ブラックジャックの基本ルールと遊び方を徹底ガイド

ブラックジャックというカジノゲームは海外映画などで何となく聞いたことがある方はいるかと思いますが、ルールまで知っているという方はあまり多くないかもしれません。しかし、このカードゲームの王様と呼ばれる「ブラックジャック」は実はカジノで勝利するには一番勝てるゲームと言われています!

そういわれる理由は、スロットルーレットなど運任せのゲームとは異なりプレイヤーの知識や技術によって、勝利の確率をかなり上げることができるゲームでもあるからです!

ポーカーもカードゲームの中ではプレイヤーの力量で勝敗が左右されるゲームですが、ブラックジャックのようなスピード感はありません。サクッと自分の実力で稼ぎたい!という方に向いているのがブラックジャックなのです

ではそんな魅力的なゲームでも、まずはしっかり学ばないと効率よく勝てない!っということで、ここではブラックジャックの基本ルールから上手な遊び方のコツまで徹底解説していきたいと思います。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの基本ルールはとてもシンプルなものになっています。

ゲームの流れは自分(プレイヤー)とディーラーの間で行われる一騎打ちとなります。「手持ちのカードの合計数(ハンド)がより21に近い方が勝ちと言うもの」です。

カードの合計数が21になる事をブラックジャックと呼ぶことからこのゲームの名前でもあります。

シンプルなルールですが、かなりハラハラもので「21に近づくように、でも21を超えないように」カードの合計数を持っていく判断力や技術が必要とされます。ディーラーとの完全な一騎打ちのゲームになるので、もしも同じテーブルに複数のプレイヤーがいたとしても彼らの勝敗は自分には全く関係ありません

大事なルールのポイントは

1.初めの2枚はプレイヤーとディーラー両方に配られる

2.カードの合計数が21に近づくよう希望のアクション(ヒット(追加カード)やスタンド(そこでストップ)するのか等)を自分で選択する

3.プレイヤーは21に近づけるために何回でもヒット(追加カード)を選択できる

4.      ディーラーは合計数が17を超えるまでヒット(追加カード)を選択しなければならない

5.カードの合計数が21を超えると(22以上で)バストとなり負けが決定

まずは希望のベット額を決め、チップをテーブルに置く。ゲームの始まりとなるディールボタンをクリック

カードの数え方―カウント法

初めのカード2枚がプレイヤーとディーラーの両サイドに配られる。ディーラー側はまず1枚のみカードがめくられる(これをアップカードと呼ぶ)。プレイヤー側は2枚のカードの合計数を確認し、希望のアクション(ヒット(追加カード)もしくはスタンド(そこでストップ)するのか等)を自分で選択しクリックする

プレイヤーが自分のハンド(カードの合計数)に納得し、スタンドを選びストップした時点で今度はディーラー側のターンになるディーラーはルールに従い、合計数が17になるまでヒットを選択しカードを追加し続ける。

ブラックジャック - バスト

合計数が21を超えた時点でバストとなり負けが確定する。

もちろんバストしない場合は通常ルールに従い21にハンドが近い方の勝利となる。この際21が最高値のハンドとなりこれをブラックジャックと呼ぶ。

21 ブラックジャック

カードの数え方―カウント法

では大体の流れが分かったところでここからはカードの合計数のカウント法を説明していきたいと思います。ブラックジャックにはその独特のカードの数え方があります。

決して難しくは無いのですが、プレイする前に必ず理解できるように覚えましょう。

カードの数え方―カウント法
  • A」は =1もしくは11 
  • 10と絵柄の(Jack)、Q(Queen)、K(King)」は=10 
  • 2~9」の数字はそのままの数字 

大事なポイントは

Aの場合

エースは特別なカードで「1」もしくは「11」と数えます。手持ちのカードを見てエースを「1」と数えるか「11」と数えるかはプレイヤー次第。このカードは21という合計値を狙うブラックジャックではラッキーで非常に有利なカードになります。

J/Q/Kの場合

絵柄は従来のトランプの数字(11/12/13)でなくすべて「10」で数えます。間違ってトランプの数字で考えないように気をつけましょう。

感がいい方はもう気が付いたかもしれませんが、J/Q/Kが「10」とカウントされるという事は10のカードをひく可能性は他の数字を引く可能性より高いという事です。という事は「A」がラッキーで有利なカードと言うのもなぜかお分かりですね。

アクションの種類

ブラックジャックのカウント法を覚えたら次にマスターしていきたいのが自分が選択するアクションです。

ブラックジャックで呼ばれる「アクション」にはヒットスタンドなどカードを追加したり、ストップしたりの基本のものから、一定の条件が揃った時のみに選択できるものなどあり、実はとーっても奥が深いものになります

特殊ケースのアクションなどは慣れるまでは中々挑戦しづらいかもしれませんが、事前に知っているかいないが大きなポイントとなります。練習する際には、こういった特殊アクションもできるだけ逃げ腰にならずに使いこなせるようにマスターしたいですね!

基本のアクション

【スタンド】次のカードを引かずにそのハンドで勝負する

【ヒット】次のカードを引く

【ダブルダウン】ベット額を2倍にして次のカードを1枚のみ引く

ヒント

ダブルダウン」をもう少し説明すると、「初めの2枚のカードを確認し、自信のあるカードが出た時に、始めに賭けたベット額を2倍に上げる事が可能な選択肢」です。
なので、基本的にボーナスベットみたいなものです。自分に有利なカードが来た時だけ追加できるアクションです。しかしダブルダウンは、次のカードを引く事が前提となっているので、現状の合計値が21に近い場合にはやめておきましょう。

狙い目は「10」待ちのハンドの時になります。ブラックジャックでは、「10・J・Q・K」の全てが「10」としてカウントされるため、「10」が出れば21に近づくという時が勝率も高くダブルダウンのチャンスです。

一定の条件が揃った時のみに選択できるアクション

インシュランス(インシュアランス)】

ディーラーの初めの1枚のカードがA(エース)と出た時のみに、ベット額の半額を保険として追加ベットすることが可能な選択肢です。ディーラーがブラックジャックになった場合のみにベット額とインシュランス分の全額が返ってくると言う保険ベットになり、ディーラーがブラックジャック(21)でなければ、勝敗に関係なくこのインシュランスのチップは没収されます。

ヒント

狙い目はディーラーが「10」待ちのハンドの時になります。ダブルダウンの時の真逆の戦略になりディーラーがブラックジャックになる事を狙っていく事になるので、ディーラーのハンドが次に「10」が出れば21!!という時がインシュランスの賭け時です。

【スプリット】

最初に自分に配られた2枚のカードが同じ数字のカードだった場合にのみ、手札を2つ(組)に分けることが可能な選択肢を与えられます。

2つ(組)に分けることで、さらに同じ額のベットを置き、二つに分けた両方のカードに2枚目のカードが配られます。これによって、ディーラーと2つの手で勝負ができます

ヒント

スプリットをして勝率を上げるためには、どのカードでスプリットをするのかが非常に重要です。ブラックジャックにおいて、一番引く確率が高いのは数値が「10」とカウントするカードになります。

なので基本的に数値の高いカードが来た場合にスプリットをすると特に有効です。

理由としては、A(エース)の時にスプリットをすれば、引く確率の高い10がどちらかに来るだけですぐにブラックジャック(21)が完成します。9や8のペアで来た際も、合計数がすでに9の場合で「18」、8の場合で「16」となり3枚目をそのまま引くとバストしてしまう可能性が高いですが、スプリットすればたとえ「10」が出ても9の場合で「19」、8の場合で「18」となりバストせずに勝てる可能性があります。

因みに10のペアがきた際はその時点で「20」となるので、スプリットせずそのまま勝負するのが無難です。

【サレンダー】

最近ではあまり見かけないですが、サレンダーとは「降参」と言う意味で、自分の手持ちのカードがディーラーの手より弱い場合、サレンダーを選択することが可能です。サレンダーを選択すると賭け金の半分を失う代わりに、勝負を降りることができます

ヒント

ブラックジャックでは「16」のハンドが一番弱いとされています。そのため、ハンドが16の時はサレンダーしてしまった方がいいでしょう。状況に応じて正しくアクションを使い分けることで、勝率を上げることが可能です。

最初の2枚から新たにカードを追加すると「サレンダー」はできなくなります。サレンダーは最初に配られた2枚のカードを確認したら、その段階でしか選択できないアクションです。

覚えておきたいブラックジャック用語

ブラックジャックカードで合計が21になること。
プッシュ(引き分け)引き分け。ディーラーとプレイヤーが同じ合計値になった場合。
バスト(破産)手持ちのカードの合計が21を超えた場合、バスト(破産)となり、負けが確定します。
ナチュラル初めの2枚のカードで合計が21になること。配当は1.5倍となり、A(エース)と10のカード(10, Jack, Queen, King)の組み合わせのみでしか成立しません。
ハンド手元にあるカードの合計値。
デッキ1セットのトランプの単位。1セットを「1デッキ」と呼ぶ。
シュートランプが収納されているケース。ブラックジャックでは、通常6デッキのトランプがシューに入れられている。

バカラのゲームを無料でプレイ? 

ブラックジャックのルールや流れがわかってきたところで、そろそろ実際にプレイする方法について紹介していきたいと思います。 

オンラインカジノでは無料でブラックジャックをプレイできる方法もある事をご存知ですか? 

いきなりリアルマネーを賭けてプレイするのに抵抗がある方も多いと思いますし、まずは練習も大切になってきますよね。そこで無料でブラックジャックをプレイできるおススメの方法がズバリ2つあります! 

1.    登録も不要のお手軽お試しプレイ  

一番手っ取り早くブラックジャックをトライするにはこの方法はとてもお手軽です。

まずはどこでも良いのでブラックジャックを取り扱っているオンラインカジノのサイトを訪れます。テーブルゲームのページから気になるバカラゲームを探しましょう。お試しプレイ/フリープレイ/デモプレイなど表記がありますのでそのボタンをクリック。

無料で楽しめるお試しプレイをする事ができます!(*注 ライブカジノなど一部のゲームにはデモプレイはありません。) 

当たり前ですがお金を賭けてのゲームではないので、もし勝利してもその勝利金を得る事はできませんがルールを覚えたり、ゲームの流れを学ぶには一番おススメです!オンラインカジノの一覧ページへ。 

2.    入金不要の登録ボーナスを使ってプレイ 

2つ目の方法は、オンラインカジノに登録して入金不要無料ボーナスを獲得し、そのお金でプレイする方法です。実際にどこかのオンラインカジノに絞って登録するという手間はありますが、無料で貰ったボーナスでプレイできるので、自分の損失にならない為もっと気楽にトライできる為初めてカジノでプレイする方などまだ不安な方にはいいと思います。勿論お試しプレイ/デモプレイとは違い、実際に勝てばその勝利金を得る事はできます。

ライブカジノなどお試しプレイがないゲームでのプレイを可能にしてくれます。

全てのカジノが入金不要の登録ボーナスを用意している訳ではありませんが、ほとんどの日本語対応している優良オンラインカジノではこのボーナスを紹介しています。入金不要登録ボーナスのページへ。 

最新のカジノ
5.0 rating
入金不要ボーナス30ドル + 初回から3回目まで入金ボーナス最大1,500ドル進呈!
4.3 rating
新規登録で無料ボーナス20ドル+初回入金額の65%ボーナス最大650ドル進呈!
4.5 rating
ウェルカムスピン30回進呈中!登録後は最大損失額の45%キャッシュバック還元!
4.5 rating
ウェルカムボーナス 最大500ドルボーナスマネー&最大250フリースピン進呈!
4.0 rating
入金ボーナス2回で最大537ドル +キャッシュバック最大237ドル +フリスピ3ドル分!
このサイトは開発サイトとして、wpml.orgに登録されています。